« Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) | トップページ | 小林可夢偉がザウバーと契約 »

トヨタがF1撤退

 以前から噂になっていましたが、トヨタが2009年限りでF1からの撤退を表明しました。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2009/11/f1-b047.html

 昨年末のホンダ撤退、BMWの今シーズン限りでの撤退に続きトヨタも今シーズン限りでの撤退を決断しました。これでF1に残っているメーカー・チームはルノーだけ(フェラーリは特別。)となりますが、そのルノーも撤退を検討しているようです。かつてサー・フランク・ウィリアムズが懸念していたように、F1をかき回すだけかき回して業績が悪くなったらさっさと撤退するというF1への情熱のかけらもない本社の決定には不満が残ります。現場の人間がどれだけF1に情熱を傾けても、多くのファンがどれほど望んでも、数字だけで撤退を決めてしまうのであればそもそも参戦すべきではないのでしょう。トヨタはコンコルド協定に署名して2012年までの参戦を確約した後での撤退表明ですから、多額の損害賠償がFIA等から請求される可能性もあります。それでも撤退した方が経費がかからないと判断したのでしょうけど、それならば署名する前に撤退表明をすべきではなかったのではないでしょうか。アブダビGPで小林可夢偉選手がすばらしい走りを見せてくれただけに今回の決定はとても残念です。結局トヨタはF1で一勝することすら出来ずに退場するんですね。

|

« Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) | トップページ | 小林可夢偉がザウバーと契約 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタがF1撤退:

« Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) | トップページ | 小林可夢偉がザウバーと契約 »