« ジャストシステムがWindows7対応モジュールの公開を始めました。 | トップページ | バトンがタイトル獲得 »

ウィリアムズのエンジンはルノーが本命か?

 トヨタとのエンジン供給契約を解除したウィリアムズですが、代わりのエンジンはルノーかコスワースになりそうです。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2009/10/post-95e0.html

 メルセデスエンジンはマクラーレンとメルセデスとの契約により実現は難しそうなので、残るエンジン候補はルノーとコスワースになります。ただし、ルノーは撤退する可能性があり、コスワースについても新規参戦4チームの他レッドブルもコスワースを採用することになるかもしれず、ウィリアムズがコスワースをとなるとコスワースは最大で6チームにエンジンを供給することになり、ちょっと大変かもしれませんね。

 ウィリアムズがトヨタとのエンジン供給契約を解除したことにより、来シーズンの中嶋一貴選手のウィリアムズ残留はなくなりました。代わりのシートを探すのも今シーズンの成績を見る限り難しそうです。トヨタは優勝経験のあるドライバーを望んでいるのでしょうし、トヨタエンジンを採用しそうなチームも今のところ聞こえてはきません。来シーズンは日本人のレギュラードライバーはいなくなる可能性が高いですね。残念なことです。

|

« ジャストシステムがWindows7対応モジュールの公開を始めました。 | トップページ | バトンがタイトル獲得 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズのエンジンはルノーが本命か?:

« ジャストシステムがWindows7対応モジュールの公開を始めました。 | トップページ | バトンがタイトル獲得 »