« ライコネンとトヨタの交渉が進展中 | トップページ | Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) »

ロズベルグがウィリアムズ離脱を正式表明

 ニコ・ロズベルグが来期はウィリアムズでは出走しないことを正式に表明しました。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2009/10/post-d728.html

 以前から2010年のブラウンGP入りが噂されていたニコ・ロズベルグですが、正式にウィリアムズからの離脱を明言しました。ブラウンGPはバトンの残留がほぼ確定しているので、来シーズンはバトン、ロズベルグのコンビになるのでしょうか。メルセデスがブラウンGPの株式を取得するのではないかという噂もあり、来シーズン以降のブラウンGPの活躍も期待できそうです。

 ニコ・ロズベルクが去るウィリアムズのシートには代わりには最多出走記録更新中のルーベンス・バリチェロが収まるようで、来期のウィリアムズはベテランのバリチェロとルーキーのヒュルケンベルグの二人のドライバーとなりそうです。エンジンはコスワースしか選択肢が無くなっていますが、果たしてコスワースに5チーム(あるいは6チーム)へのエンジン供給が滞りなく行われるかどうかにはちょっと疑問があります。来シーズンのウィリアムズの復活はあるのでしょうか。かつての速さを取り戻してもらいたいですね。

|

« ライコネンとトヨタの交渉が進展中 | トップページ | Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグがウィリアムズ離脱を正式表明:

« ライコネンとトヨタの交渉が進展中 | トップページ | Windows Vista でATOKが勝手にIMEに切り替わる(その2) »